UPCYCLE

米国、中国に次いで、世界第3位の自動車保有国、日本。
国内の約 7,800 万台 (2019 年 ) の自動車のうちエアバッグが作動するのは、
10%に満たないと言います。
自動車部品が厳格に分別され、90% 以上がリサイクルされるにもかかわらず、
エアバッグやシートベルトに関しては、再生されずシュレッダーダストとして 廃棄処分されているのが現実です。
エアバッグが作動せずに役割を終えることは、すばらしい事ですが、
一方で再生の道がない行き場を失ったエアバッグが大量に廃棄されている事も事実です。
資源を無駄にしない、資源を有効活用する。
産業廃棄物であるエアバッグをアイデア、デザインによって 新たな価値を生み出しアップサイクルする。
車内から外界へ、産廃に晴れ舞台を。

  • 自動車部品は 90% 以上が
    リサイクルされる。

  • 福祉工場で丁寧に洗浄します。

エアバッグは自動車に
衝撃をあたえ爆発させる。

一つずつ人の手によって切り取られたエアバッグ

廃棄エアバッグで照明をつくる

様々な廃材を素材としてドレスなどにアップサイクルする
コスチュームデザイナー/環境アーティスト谷 公美子
銅を主素材に造形作品を制作するアーティストMABO(石川 雅與)がコラボレーションし
廃棄エアバッグと銅の端材でアップサイクルした美しいスタンドライトが完成しました。

●素材提供
「yoccattaTOKYO(ヨカッタトーキョー)」

エアバッグが作動しなくて「良かった」という思いをブランド名にした
「yoccattaTOKYO(ヨカッタトーキョー)」は、
日本国内で作動することなく役目を終えた廃棄エアバッグとシートベルトを
リユース(再利用)してファッションアイテムを作り出している
MADE IN JAPAN の環境に優しいアップサイクルブランドです。
日本車で初めて市販車にエアバッグを搭載したHONDAとのコラボレーションをはじめ、
「東京モーターショー」のオフィシャルグッズとしても発売されるなど、
大きな注目を集めています。yoccatta TOKYOでは、
シュレッダーダストの軽減・廃棄物の再資源化を目指している企業
『株式会社エコアール』の協力により、
エアバッグとシートベルトを再資源として回収しています。


雨が世界を洗い流し
新たな息吹が
世界を創る

“ama ato”

現代の社会課題の小さくとも新たな解決策として、クリエイティブな知恵と技術を結集し、
未来へ価値あるものづくりを行うアップサイクルブランドを
“ama ato(あまあと)”と名付けました。